ワーキングママの徒然日記 子育てと庭いじりと日々の出来事

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2才を目前に、みるみる語彙が増えたJくん

そんな彼が今日、覚えた言葉は
「まめ」

たまたま、食卓に並んだひじきの煮物にグリンピースが入っていて


J「ん?」(これなに?の意味)
私「まめだよ」
J「まめ!」
私「そう、まめ」
J「まみ!まめー!!」


どうやら、「まめ」という言葉が気に入ったらしく
しばらく連呼するJくん



それからしばらく時間が経って、何やら足元にあるものをつまんで
まめまめ言っている・・・


なんだ?と思ってみてみたら・・・




なんと、ピアスのキャッチを持ってる!!



今日の夕方、会社で左耳のピアスが外れていることに気づき
なんとか本体は発見したもののキャッチが見つからなくて
へこんでいた私

というのもそのピアス、お姑さんから誕生日にいただいた
ものだったのです

まだもらって1か月しかたってないのにーーー・・・
でも絶対見つからないだろうと落胆していた私


Jくんの「まめ!」のおかげだよ~~


とぎゅーっと抱きしめたら、Jくんは「??」
そりゃそうだよね(笑)

でも本当によかった
スポンサーサイト
もうすぐこどもの日、ということで

保育園でこいのぼりを作ったようです。


子供たちが手型・足型をつけてつくった
こいのぼりたち
110420-1.jpg


・・・ん?真ん中に白い手形のこいのぼりが。


~以下、保育ノートより~

テーブルの前に座ったとたん、『ギャー~!!』とおおのけ反り
相当嫌だったみたいで、断念。
「手や足に色を塗られる」という行為が
なんとなく嫌だったみたい。

なのでJくんがお昼寝中に、本物の手の周りを
ペンでなぞりました(笑)




な~る~ほ~ど~

あれはうちのか(汗)

個人的には今のJくんの手形が欲しかったが
仕方あるまい。



そんなJくんですが、最新は歩くどころかかけっこも上手になり
だいぶ足取りがしっかりしてきました。

というわけで、以前の記事で夢見ていたことを
ついに今日、実行してみました!!


110420-2.jpg


あのころはまだ一人で立てなかったのに。
よくここまで成長したなぁ。

Jくんの後姿を眺めながら
ひとりしみじみする母でした。




手押し車にもなる積木の箱
乗って動かしたいJくん

さっき後ろにひっくり返って頭をぶつけたのに
めげずに再チャレンジ


なぜかバックしかできない…
今日は保育園の進級式&卒園式でした。

うちの保育園は、在園児の進級式もちゃんとやります。

そんなわけで、TちゃんとJくんは二人そろって
英国紳士風におめかし

※Tちゃんはカメラマンをかって出てくれたので
 今回あまり写真に写ってない、残念!

私はワンピースにジャケットで
ちょっとこぎれいに


まずは在園児の進級式
手をつないで会場へ入場
110326-1.jpg

特大パネルを掲げて、職員からJくんがこの1年どんなだったか紹介があり
進級おめでとう!と、卒園時から手作りのメダルをもらいます
110326-2.jpg


進級式が終わったら、卒園式のプログラムへ

職員手作りの感動的なスライドショーを
見たい私の気持ちなどまったく気にせず

「歩きたい?!遊びたい?!ママじゃなきゃイヤ?!」
のJくん・・・


仕方ないので会場に一人Tちゃんを置いて
外のフロアーで窓から車を眺めたり
階段を上り下りしたり
エレベーターで上り下りしたり
建物の外に出て外階段を上ってみたり
下の階にある図書館で絵本を読んだり

・・・してお昼までの時間を過ごしていたので、
卒園式には全く参加できず


まぁ仕方ないよね、1歳8ヶ月で3時間も
おとなしく座っていられるわけがない


お昼ご飯の後もJくんはテコテコ歩き回り
もはや靴脱いでるし?!自由!!
110326-3.jpg


でも、みんなで最後に合唱(青春時代と勇気100%)した時は
フラフラ前に躍り出て、拍手でリズム取ったり足踏みしたり

ちゃっかり、卒園児・在園児の親たちから笑いを取ったJくんでした(笑)


保育園での布おむつ生活もあと1週間!
進級おめでとう☆
Jくんちょっと下痢気味?かなぁと思っていたら


あれよあれよと熱が上がり、急いで病院へ


胃腸炎から脱水症状になってしまったJくん
1週間入院することになってしまった


ぐったりして、腕には点滴


あんなに食いしん坊だったのに
一口しかご飯を食べられないJくん


24時間、家族看護が必須の病院だったので
私とTちゃんで代わる代わる病院に寝泊まりし
Jくんに付き添う日々


こんな家庭状況なのに
内容的にどうしても出社して片づけなければならない仕事があり

しかも出社したら残業
(私の作業効率が悪いのかもしれないけれど…やっぱりJくんのことが気になって)


22:00頃、急いで病院に戻ったらTちゃんが


「お母さんをさがして、たくさん泣いて、大変だったよ」と。



なんとも言えない気持ちになりました。


我が子がこんな状態なのに

それでもやらなければならない仕事って!


今の私の仕事は
出産前ほど回数はないけれど研修の講師をするし
お客様との打ち合わせもある

研修が入っていたら急にお休みはもらえないし
打ち合わせの時間は時短勤務の定時後になることもしばしばある


産休から復帰しても、仕事に責任を持たせてくれる分
たしかにやりがいはあるけれど

Jくんが退院後、出社した時に上司から
「今のプロジェクトであまり休まれると・・・」
と注意され、子育てをしながら働くということを
再度考えさせられました。

会社側の立場から見れば上司の言うことはもっともで
今の仕事内容でそんなに頻繁に休まれたりしたら
プロジェクトが成り立たなくなるもの。



仕事に対してはそんな複雑な心境だったわけですが
Jくんは入院後、日を重ねるにつれて元気になり
私やTちゃんを安心させてくれました。

熱が下がって歩けるようになったら
この通り!!

裸足で歩きたい放題
110221-2.jpg110221-3.jpg


売店にプラレールの本が売っていたので
買ってあげました。
電車好きのJくんは大喜び
110221-1.jpg


退院前の朝、Jくんがすごい恰好で寝てた
110221-4.jpg

どうしたらそんな体勢になるの?
目覚めたJくん、身動きとれず
110221-5.jpg


そんなこんなでしたが、今はすっかり元気です
本当に健康第一
そう感じた出来事でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。